ガンダムとジオングの洗礼


ガンダムエキスポですが、早速中に入ってみることにします。

045.jpg
するといきなりジオングがお出迎えをしてくれます。
機動戦士ガンダムの1年戦争においてシャア・アズナブルが最後に乗ったモビルスーツ。
ザク、ズゴック、ゲルググなどシャア専用機としてトレードマークの赤のカラーリングで今まで乗ってきましたが、最後は完全にオリジナルの専用機。
しかし足を取り付ける暇がなく、そのまま戦いに出てしまいましたね。
まぁ足のことを言うと『あんなの飾りです!』と、馬鹿にはそれが分からんのです、と言われてしまいますからね。

それよりも作中がどうこういうよりも、このジオングは凄い。
台座を入れて2.5メートルくらいの高さでしょうか。
凄まじいこだわりを感じる作品です。
入ってきて一番最初に目に付くこのジオング。
ほとんどの人がしばし立ち尽くして見ておりました。

044.jpg
続きましてガンダムの登場です。
こちらはジオングのすぐ隣にありましたね。

宇宙で戦闘中のガンダムなのでしょう。隣にジオングいるし。
こちらもジオングと同じくらいのスケールで作られていましたが、ガンダムってホントにカッコイイなって心から思いましたね。
こんなん置いてあったら男だったら見るでしょ。絶対。

カラーリングもいい感じでして、表情もよかったですね。
アムロとシャアの戦いが思い起こされてきますよ。

043.jpg

こちらはガンダムとジオングの隣にある通路ですね。
この写真を撮ったすぐ後ろにエクシアの小さいガンプラがあったのですが、それは入り口のショーケースと同じ感じだったので省略。

この通路では両脇にパネルがありまして、歴代のガンダムの説明が並んでおります。
パネルの中にはモニターも設置されており、その作品が流れています。
デカいガンダムのパネル自体、あまり見る機会もないですが、それが通路の両脇にあると壮観でございますよ。

ちなみにGガンダムのパネルのところではスピーカーが上部に付いており、ゴッドフィンガーを使うときのハイパーモードの音楽がバックミュージックとして流れておりました。
最高すぎるぜ。
posted by アムロ・レイ at 18:02 | ガンダムエキスポ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。