ガンダムといえばサイド7


036.jpg
こちらはガンプラヒストリーゾーンの通路写真ですね。

見ての通り、綺麗に白で基調されたブースに並べられて年代なんかも書いてあって最高です。
やはり順に進んでいくたびにガンプラは若干のモデルチェンジというかカッコよくなっていくので、それを生で楽しむことができます。

もちろん初代・機動戦士ガンダムからZガンダム、ZZガンダム、νガンダムなど歴史順にどんどん見ていくことができます。
最終的にSEEDまでありますが、SEEDのコーナーと初代のコーナーは若干スペースが大きかったように思いますね。

ちなみに手前のカップルですが、彼氏が彼女に向かって熱くガンプラの知識を語るというこの場所特有の現象を表現していますね。

どうしてこうガンダム語るときの男ってあんなに熱いんでしょうね。
全然ついていけない彼女が必死に理解しようとして『うん!』って頷きながら聞いているパターンと『……それで?』とかクールに返されているパターンなど様々な人間模様を見ることが出来ました。さすがガンダム。(関係ない)

035.jpg
個人的に度肝を抜かれたサイド7のガンプラ。

こちらもガンプラヒストリーゾーンにあったわけですが、これはまた見事でしたね。
ある意味でガンダム以上に感動しました。
あぁ、コロニーってこんなんなんだなぁってじっくり見てきましたね。

ここのゾーンでも何故か別格の扱いだったわけですが、こんだけ見事なら仕方ないか。
こんなのを考えた奴がホントに凄いと思いますよ。
わたしが生きているうちにこれホントにできないかな。
posted by アムロ・レイ at 15:54 | ガンダムエキスポ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。